読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楠本の原野

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、きわめて大変なことになりかねません。
まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、結果、インフルエンザで死亡することもあり得るでしょう。
インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が利口かも知れません。

乳酸菌シロタ株から連想されるのは、何といってもヤクルトです。過去に白血病にかかり、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。

見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、高い効果が期待できそうな期待がもてます。
アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、症状の改善がされる可能性があります。



アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。しかしながら、このIgEという抗体が沢山の数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギーを発生指せることになるのです。


ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐはたらきがあるといわれています。



気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特にこれといった副作用はございません。ただそうは言いますが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーがオーバーする可能性もあります。消化し吸収できる量には限界があるので、常識的な範囲を守っておくと安全でしょう。

私がなぜ便秘になったかというと、多分、運動不足のせいではないでしょうか。
毎日の通勤は車なので、歩く事もほとんどないのです。
犬でもいれば違うのでしょウガイないので、散歩にも行きません。

そういった所以で、私は便秘がちなのではないでしょうか。便秘の改善や予防のためにも、本日からウォーキングを行なおうと思います。

乳酸菌を取り入れると体には色んな効き目があります。例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。



その結果として、免疫の力がアップし、沢山の健康に対する良い効果が得られます。


アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。

乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いとされています。よくある乳製品以外でも、乳酸菌が入った食品があることをしり、乳酸菌について調べてみました。そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで創り出す菌類のことになるのだそうです。

これは常識なのですか?生まれて30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。ヨーグルトは便秘を解消するのに効果的であるといわれますが、私が実体験したのは、まあまあたくさん食べないと、効果があまり感じられません。

1日に1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。ヨーグルト好きはいいですが、抵抗がある人も、ジャムで味を変えたりしてなるべく摂取するとよいでしょう。乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすこぶる健康になってきました。毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。
ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘に悩向ことなくいられます。

乳酸菌を摂取するようになってから、肌の調子も良くなってきて、体重まで落とすことができました。普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調も起こってきます。

もっとも女性に多く見られるのは、便が腸にたまってしまうことです。


他お手場、通勤時にエレベーターを辞めて階段を使用したり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが一番です。後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。